2019 / 02 / 26  12:58

多分勘違い

『空気を読む』

これは接客業をするために必須な感性です。

相手の表情や仕草などで何を求めているか

的確に察しなければなりません。

接客業歴が長くなるとまるで速読するかのように

空気を読みまくるようになります。

お客様が鼻をグスッと鳴らした瞬間に

ティッシュボックスを差し出すなんて当たり前。

そして接客業を30年近くやっている私は

とうとう動物の空気も読めるようになりました。

銀河一可愛い文鳥(しゅう2才)と一緒に

生活しているのですが、何を考え、

何を求めているのか無表情の奥にある

オーラ的なもので気持ちが手に取るようにわかります。

そのうちコレ↓が額の前で光りそうな自分が怖いです。

nc114420.jpg